加茂かも 惠子けいこ さん | 富岡町

加茂かも 惠子けいこ さん | 富岡町

まごころ治療院 院長
出身:富岡町

わたしにとってふるさとは、何かあった時に帰りたい場所

「まごころ治療院」は富岡町の実家で、2009年1月に開業しました。私の治療院では、はり・灸・指圧マッサージ・整体といった治療メニューから、フットマッサージやフェイシャルマッサージといった美容メニューまで、お客様のニーズに合わせた施術をしてきました。
治療院に来るお客さんは良い人ばかりで、私の治療が良いと言って来てくれる方は、ほとんどが常連になってくださって嬉しかったです。

地震があった日も2名予約が入っていました。お店の中が揺れで物が散乱してしまっていて、「片付けないとお客さん来ちゃう!どうすっぺ!」と焦りましたが、当然ですがいらっしゃいませんでした。
次の日には避難しなければいけなくなって、2〜3日もすれば帰れると思っていたのが、長期避難になってしまいました。最初はいわき市小川町の母の実家に避難し、その時は仕事をどうするかというより、住む場所もなく、水が出ない、食料がない状態がいつまで続くんだろうと思っていました。小川もまわりが続々避難をし始めていて、ここも危ないかもしれないということで、会津の親戚の家に避難させてもらいました。その約10日後、いわきの叔父が所有している平窪のアパートの1室を提供してもらい、いわき市に住めることになりました。

住まいが決まってちょっと安心しましたが、部屋は完全に居住スペースになっていて開業は難しいと思い、いわき市内のマッサージの会社に就職しました。ただ多忙な毎日でひざを痛めたこともあり、10ヶ月ほどで退職しました。そのタイミングで、アパートの1階をリフォームしてもらい住めるようになり、2階の1室が空いたので、そこで「まごころ治療院」を再開しました。(注1)
営業を再開して間もない時期に、知人から「いわきビジネスプランコンテストに出てみないか?」と誘われました。当時うまく集客できていなかったこともあって、行動を起こせば何か変わるかも、という思いで受けてみることにしました。結果はなんと合格。企業訪問型マッサージという形で、法人化することになりました。
そして「株式会社マッサージブレイク」を設立し、少しずつですが企業を訪問してマッサージする機会が増えていきました。(注2)
現在は夫の家業の手伝いと子育てで治療院の営業時間は少なくなっていますが、いつかまたしっかり営業ができることを願っています。
これから自宅でも営業を始める予定なので、勿来の地域の方に貢献できればなと考えています。

私にとってふるさとは、何かあった時に帰りたい場所。辛いことがあると「富岡に帰りたい!」と思うので。大切な場所です。

注1:まごころ治療院はいわき市の明治団地に移転しました(2018年4月現在)。
注2:株式会社マッサージブレイクは2017年10月に閉業し、現在はまごころ治療院のみの運営となっております。

【まごころ治療院】
〒970-8035  福島県いわき市明治団地67-1
電話番号:0246-22-5877(要予約)
営業時間:15:00〜17:00
定休日:日曜

【施術メニュー】
・鍼(はり)
・灸(きゅう)
・整体
・指圧マッサージ
・フェイシャルリンパマッサージ
・フットリンパマッサージ

取材・文/渡辺可奈子
取材日/2017年9月